2014年振り返る。 / by DREAM WORKS CYCLES

今年もイタリア、エロイカに出場して念願だったマラストーニ夫妻にまでお会いする事かできました。何度か工房まで行きながら不在だったり入れ違いと3年目で念願達成!

image.jpg

その日の夫妻を囲んでのマラストーニクラブの会長、副会長とのランチ^_^までご一緒させて頂きました。

image.jpg

ランチ後レストランの前で僕達が持ち込んだマラストーニのフレームで話しが盛り上がりました。

image.jpg

マラストーニの工房です、これは一人息子のマルコが乗っていた自転車です70年代に練習中に不慮の事故で亡くし、仕事も順調でチネリに特許を共有して行くと決まってと言う大切な時期に息子マルコの事故死が人生に暗い影を落しマルコの死を受け入れられず、お金や名声より大切だったのはマルコへの愛だったと僕達の前で話すマラストーニ夫妻には言葉もありませんでした。その後チネリは...

マラストーニ自身からロストワックスの技法やフレームの製作に対する考え方を説明して頂きました。

image.jpg

マラストーニのフレーム技法はチネリやマージ、カンパにも影響を与えたと言われています。

image.jpg

マラストーニでフレームNo.0001の所有者はマラストーニクラブの会長です。今年は大変お世話になりました。

image.jpg

マラストーニのフレームは技巧の秀挽さ、時代性、色彩、象物への深い情、ひらめき、仕上がりの構図とバランスがファンの心奪う、目と手と心この3つが揃っている、決定的な要素なんです。マラストーニに本当惚れ込んだ一年間でした。ありがとう‼︎

image.jpg